梅木の黒澤

言葉の通り、不動産物件は売るのが大変で、さて売却しようとなっても複数の出費があります。



主要なものとしては、仲介手数料を仲介業者に支払いますし、不動産登記に関連する書類作成で司法書士に払う報酬、それから、譲渡税、場合によっては住宅ローンの繰り上げ返済費用も必要でしょう。仲介業者の選択で、精一杯、小額の仲介手数料にできればその分経費を切り詰められます。不動産物件を売買する際においての一般媒介契約とは、二つ以上の業者に仲介をお願いする契約を指します。取り扱いが一箇所に限定されないため、広い宣伝効果が得られることもありますし、売買契約を仲介できる業者は一社になるため、ライバル社よりも早く買い手を探し出して仲介し、仲介手数料を支払ってもらうのに躍起になって、それほど経たないうちに買い手をみつけてもらえる事例もあります。



ただ、複数の不動産業者と連絡を取り合わないといけませんので、複数業者ではなく、一つの業者を厳選するという選択をする人もいます。不動産を売りたいという時には、その物件の購入希望者から境界確認書を請求されることも少なくありません。
その時の対応としては、土地の権利者が立ち会いながら、土地家屋調査士が土地境界確定測量をして、境界確認書を作成することになります。
境界確認書が求められる理由は、境界線がしっかりとわからないような時、売地の面積を明確にしてから売値を決めるためというのもありますし、将来、接している土地の権利者と境界線のことで問題になるのを回避したいという思惑があるのでしょう。不動産売却に際してかかる税金の中で特に留意してほしいのが譲渡所得税と住民税です。物件売却で利益が出れば、これらは必ず納めなければなりません。

しかしながら、売却した物件の使途が居住だったのであれば、特別控除が3000万円適用されます。あわせて、こうした税金は課税方法が所有していた期間によっても変わってきますので、売却を進めるときは十分確認しておきましょう。家を売る為には、まず第一に、相場はいくらなのか調べましょう。


それを調べるために不動産会社へ査定を依頼します。



査定は家に来て行うものだけだと思ってはいませんか。

実は、簡易査定と訪問査定の二種類があり、選べます。


簡易査定(机上査定)は築年数や近隣の相場などから行われる査定をいいます。


http://xn--0-p70bz7ip1cgv4c1pwfkj02h.xyz/

一度に数社の査定を依頼できるのが強みです。



一方の訪問査定では、現在の家の状況や周辺の様子などより詳しく査定してもらえます。
なので、適正価格に近い査定額が期待できるでしょう。
自分で何でもやるのなら別ですが、一戸建てやマンションを売る時は仲介業者に市価を見積りさせ、売手が販売価格を決めたのちに媒介契約を交わします。
査定は当日中に済みますが、契約書を用意するのに一日から数日かかることもあります。



内覧者を受け入れ、買い手がつくまでの期間は、その地域でのニーズや物件の状態、価格等にもよるでしょう。ただ不動産取引の場合、法律の規定で売却を仲介する業者との媒介契約は契約書の文言にもあるように「3ヶ月」で一度切れるので、そのあいだに購入希望者を見つけられるかが売却のカギとなります。

築30年近い建物を売りたいと思っても、年月が邪魔をして売り足が鈍ってくるものです。目につきやすい部分をリフォームするなど、魅力的な物件に近づけることが大事です。

もし立地条件が良ければ、住宅を取り壊して土地のみで売り出すと売りやすいとも言われています。
買い手がいないのに解体費を払うのが不安であれば、通常の家と土地の価格より安価な価格設定をすることで、更地にして新築するか、リフォームするかを購入者が選ぶことができます。

多くのお金が動く契約となりますが、戸建てにも売るのに相応しい時期というものがあります。

もっとも売りやすいと言われている時期というのは、月で言えば1月から3月までの人の移動がある頃です。

転勤を伴ったり子供など家族の事情によって、現在住んでいる場所から転出することになる一家も出てくるため、戸建てに住みたいというニーズが大きくなってきます。しかしながら、タイミングを考えることも必要で、何も売却しやすいと言われている時期に売らなくてはならないわけではないので、納得できる時に売り出してしまった方が良いと思われます。資産を売却して得た収入を譲渡所得と呼びます。自宅を売った代金というのも確実に譲渡所得ということになります。譲渡所得にも所得税や住民税が課税されますが、給与所得やその他の所得とは別に算出します。



譲渡所得の税額は高めですが、所有期間が5年超だとそれ以前に手放すよりも低い税率が適用されます。自宅の売却を検討中でしたら、優遇税率が適用する時期を念頭に置いて売却すれば税金がかなり節約できます。


住宅売却を考えているのでしたら、まず近隣同種の不動産価格を知っておくと良いでしょう。

いかに元値が高額であろうと、常に変動しているのが不動産価格です。
かつては土地は上がるのが常識でしたけれども、不動産がお金を生む時代ではない現在では、相場より高い物件を買う人はまずいません。いまはいくら位の相場なのかをよく調べて、「売れる」価格設定にしなければ家や不動産は売れません。実際には不動産一括査定サイトなどで相場を知る人が多いようです。