涼(りょう)の沢田泰司

ニキビは一度治ってもまたできやすいお肌のトラブルです。
キレイに治ったからといって暴飲暴食などの不摂生をしていると、またすぐに再発します。
ニキビが再発しないよう防止するためには、肌をキレイにし、不摂生な食事をせず、十分に睡眠を取っていく事が大切なこととなります。私のニキビに備えた事前策は、どんなに眠くてもメイクは必ず洗い落として寝ることです。メイクアップすることにより、お肌への影響が大きいと思うので、お肌を一休みさせてあげたいのです。メイク落としにも気を配っています。オイルで落とすタイプや拭き取るタイプなど色々試してきましたが、ミルク系の化粧落としがお肌を傷つけにくいと思いました。ニキビを予防したり、出来たニキビを治すには、正しい食生活を摂取することが大切です。


中でも野菜を意識して摂ることは非常に大事なことです。

野菜にはミネラルやビタミンが豊富に含まれているから、それらをしっかり意識して摂ることが一番理想です。ニキビをできにくくする飲み物は、今まで聞いたことがありません。

ただ、いえることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、お肌を刺激してしまうことがあるので、やめておいた方がよいのです。
http://www.contempo.tv/
ニキビと肌荒れは異なりますが、お肌のために悪い事をすると、ニキビをひどくする原因にもなるのです。
ニキビを搾ると、膿が出ます。さらに、潰すと芯がその中から出てきます。これがニキビの元となるのですが、無理に潰して芯を出すことはオススメできる方法ではございません。無理に潰すことになる訳ですから、より一層炎症が広がってしまいます。
ニキビ跡として残ってしまう恐れもあるので薬等をつけて少しずつに治していきましょう。繰り返しニキビができてしまう場合は、単に今あるニキビを治すという考え方を変えて、ニキビの本当の原因は何かを突き止めて、それにあったケアが大切です。完治しないニキビの原因は、乱れたホルモンバランスや悪い食習慣、化粧品が毛穴に残ってしまっているなど、原因は一概には言うことができません。繰り返されるニキビの根本的な原因を知った上で、その原因にあった方法でケアをしましょう。ニキビと言えども皮膚のトラブルの一つです。



ニキビなんぞで皮膚科を受診するのも、と少し二の足を踏みがちですが、皮膚科に通院すると早くよくなりますし、ニキビ跡が残ることも少ないです。おまけに、自分で薬屋などでニキビ薬を手に入れるよりも安い費用でよくなります。顔のおでこにニキビが出来てしまうと、どうしてもつい前髪で隠そうとしてしまいます。しかし、そういったことは悪化してしまう行為ともなるので、出来れば前髪で隠すといったことはせずに髪がニキビに触れないように刺激を与えずにいることが肝心です。



角栓によって毛穴がふさがることが、ひとつの、ニキビができる原因です。



気になり、つい角栓を指で押しつぶして取り出してしまうと、その部分にニキビ跡ができる原因となります。角栓をつくらないように、そして、悪化させない為には、肌の保湿をしっかりすること、毛穴に余分な皮脂を溜め込まないようにすることが、重要です。
この時期、ニキビ予防において大事にしないといけないのは、菌の温床にならない環境を作り出すことです。


ファンデーションのパフに汚れが付きっぱなし、枕カバーを不潔にしている、手で直接肌に触れるといったことは、顔に菌を塗っているのと同じです。

いつもに清潔にできるように気を付けましょう。